こころおぼえ





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

対照的。。。 :: 2012/09/15(Sat)

娘のyuraとrinoは同じ環境で育ったのに、性格も行動も対照的。
長女のyuraは何事も計画的にこなすし、身の回りのことも全て自分で出来ちゃう。
暇な時間がもったいないらしく、何かしらやっていたり、お友達と遊びに行ったり
お友達を家に呼んで遊んだり。
とにかく行動的。

反対に次女のrinoは、計画性は全くなくて行き当たりばったり的に物事をこなしていく。
でも、それで何とかなっちゃうタイプ。
一日することがなくても、だらだらと過ごせちゃう。
たまに友達はいるのかなぁ・・なんて心配になっちゃうけど
お友達からお誘いの電話がきたりしているから、その辺は大丈夫みたいだ。


そのほか全く対照的な面があるんです。
長女のyuraは何かと病院通いが多い。
アレルギーがあるのも原因かもしれないけど、鼻の調子が悪くなると
喉や耳が悪くなって、風邪を引きやすい。
冬は大抵、インフルエンザに家族で最初にかかってくる。

反対に、次女のrinoはほぼ病院には行かない。
何しろ小学校入学以来、学校を休んでいない!
姉がインフルエンザになっても、滅多にうつらない。
何とも頼もしい^^


結局のところ持って生まれた性格もあるかもしれないけど、
多分私自身の接し方の違いも大きな要因のような気もする。
長女は何しろ初めての子で、何から何まで私にとっては初めてのこと。
子育てにマニュアルなんかないのに、本やネットなどを通じて
マニュアル通りに育てようとしていた気がする。
そのため本人も用意周到なのかもしれない。
ただ私はAB型人間なので、急にかわいい子には旅をさせろ的なことをする^^;



長女が幼稚園を卒園し、小学校入学前、彼女を一人で東京まで行かせた
ことがあります。
東京には私の妹夫婦が住んでいて、彼女ひとりで遊びに行ったのです。
まぁ、高速バスに乗って行っただけですが、親子にとってかなりの冒険だし凄いことです。

そういえば包丁も早くから使わせました。
確か3歳だったかな。
一人目の子にしては、危ないことも積極的にさせていました。
危ない危ないと言ってやらせないよりは、やらせてみて危ないということを
本人が理解して気を付けなければいけないんじゃないかなぁと、思っていたからです。


そして次女のrinoは、生まれてからの接し方が明らかに長女とは違った気がします。
二人目ということもあって、長女の時より言葉は悪いけどおおざっぱな接し方だったような・・・
長女を見ながら、次女も見なくちゃいけないから、泣いていてもすぐには抱っこ出来なかったり
離乳食も別に作るんじゃなくて、みんなのご飯を作りながら、味付け前に取り分けたり・・・

思い起こせば、姉妹それぞれの接し方に反省の面がいろいろです--;


でもまぁ、二人とも元気に育っているので良しとしましょう。
何だか自分に言い聞かせている・・・




スポンサーサイト

テーマ:小学生の子育て♪ - ジャンル:育児

  1. 娘のはなし
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<パン教室。。。 | top | ご無沙汰です。。。>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nagonago0327.blog9.fc2.com/tb.php/374-1ac3e5d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。